横浜関内婚活・結婚相談所
「婚活必勝講座」へようこそ

結婚の幸せとは、何でしょうか、それは夫婦の対話ではないでしょうか

婚活講座C(結婚の心得)

人は夫々の人生で、かけがえのない社会的使命と役割を持っています

人格と個性を磨き、社会で活躍しましょう

荒海や佐渡に横たふ天の川(松尾芭蕉)

五月雨を集めて早し最上川(同上)

 リベラルアーツ代表の伊櫻が、婚活・結婚相談所を開設したのは、若い方々が結婚をして家族を持つと同時に、職場や社会で更に活躍することを願うからです。結婚相談所の役割は、結婚したい方々に透徹したアドバイスを送り、成婚の後押しをすることです。

 人生を素敵に生きる秘訣は、自らが社会で果たす使命を自覚して、人格(人間性と人柄)と個性(才覚と能力)を磨き、自らが素敵な人になることです。素敵な人は、必ず素敵な人と成婚し、職場や社会で活躍します。

 そうした想いから、「横浜婚活・結婚相談所センター」の婚活アドバイザーとして、同センターの関内支部を立ち上げました。リベラルアーツは、少人数制の「婚活実践コース」を主宰し、成婚者を世に送り出すとともに、婚活必勝講座やセミナーを開催し、婚活する方には素敵な出会いの機会を提供する所存です。

人は夫々の人生で、かけがえのない社会的使命と役割を持っています

 婚活女性の心得では、お相手の職業如何ではなく、「人生の実業家探し」を推奨しており、婚活男性の心得では、家庭を築く基礎体力を持っている女性を探すべきことを訴えています。結婚相手を選ぶ絶対的基準は、人間性と人柄、次が才覚と能力ですが、お見合いでのお相手選びから交際に至って、人生を共にできる人かどうかを見究めることが大切です。そして、結婚の幸せとは、夫婦の対話の中身であり、共に人生の苦難を乗り越えることにあります。

結婚の幸せは、信頼関係の構築にあります

昨日またかくてありけり          今日もまたかくてありなむ (島崎藤村)

 あなたは、何を以って結婚、そして人生の幸せとするのでしょうか。

 夫婦の関係は、愛情を云々する以前に、信頼関係が大切です。結婚の幸せは、夫婦間の対話の中身次第でしょう。

 また、どの家庭でも病気、失業、借金など、苦難は襲って来ます。苦難がないことが結婚の幸せではなく、夫婦でそれを乗り越えることが、本当の幸せです。

  婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

自分探しの哲学と配偶者

  あなたは、今、何処で何をしている方でしょうか。人は、社会的存在であると同時に、地球上の自然環境、大宇宙と共存、一体化した存在です。天文学者が説くところでは、大宇宙は、もの凄い速度で拡大しています。

 誰でも人生は、生老病死の過程を辿りますが、あなたは、この世に生を受ける前、この大宇宙の何処で、何をしていた方でしょうか。仮にも、大宇宙に始まりというものがないとしたら、あなたの過去の配偶者は、それこそ星の数ほどいたことになります。今生では、あなたは過去の配偶者の誰かと復縁するのでしょうか、それとも、新たなお相手探しをするのでしょうか。

  人は、7年の歳月を過ごせば、生物学的には、体の全細胞が入れ替わり、精神的にも同じ自分ではありません。しかし、過去の記憶、経験を蓄積した自分がいます。人には、自我が存在し、それを人は意識してもいます。7年後のあなたは、何処で何をしており、何処の誰を配偶者としているのでしょうか。

 そんなことは、想像がつかないと思うかも知れませんが、そんなことはありません。人には、自分の未来を切り拓く能力があります。人は、夫々に独自の才覚と能力を持つスペック・ホルダーであるからです。人の未来では、何をどうしたいのかが問われ、それは現在の瞬間の決意と覚悟次第です。 

未来を拓く決意と覚悟

 リベラルアーツが訴える本当の自分探しとは、人生を共にする、素敵なお相手探しでもあります。自分探しの真意は、自分の未来は、現在の瞬間の決意と覚悟であることを意味します。

 何を以て自らの人生の幸せとするのか、それによって結婚すべきお相手も、変わるのではないでしょうか。 

 人は夫々の人生で、自らが望む未来の世界があるはずです。人生を共にする配偶者を得て、家族を持ちたいと考えることは、極めて自然なことです。自分が望む世界が、単なる欲望の充足なのか、夢を実現した先にあるのか、更には、志を立てて社会に貢献するのか、それによって未来の世界は、大きく異なります。 

 本当の自分とは、現在の決意と覚悟の中身の話です。その中身の大きさと、本当に実現できるのかが問題ですが、婚活では強気の姿勢で臨みましょう。約束手形を振り出して、不渡りにしたくないなどと考える方は、未来を切り拓けません。

 あなたの決意と覚悟は、出会いを刻み、交際するまでに至った、お相手に鍛えられてこそ、本物になります。生まれも育ちも違うお相手から、婚活中に信頼を勝ち取ることは、易しくないはずです。気力、知力、そして体力を総動員して、あなたが気に入ったお相手に、決意と覚悟の程を訴えましょう。

 お相手が、あなたが理想とする素敵な人であれば、誤魔化しは通用しません。あなたの決意と覚悟次第では、結婚するお相手が変わってしまうことも、肝に命じましょう。

素敵なお相手探しとその基準

 婚活中に、もっと素敵な人がいるのではないかという期待を抱くのは、もっともかも知れませんし、そうではないかのかも知れません。考えるべきは、あなたにとって、そのお相手が何故、或いは何処が素敵なのかです。

 譲ってはいけない結婚相手選びの絶対的基準は、人間性と人柄ですが、人格と言っても良いでしょう。次の基準は、才覚と能力ですが、人間性と人柄に密接不可分であることからは、その人の個性とも考えられます。

 素敵な人は、志を持って生きています。お相手選びで最も大切なことは、互いの生き方、人生観に共感できるかということです。自らがそして、お相手が人生を生きる上での原点、人としての気骨、そして、長い人生で遭遇するであろう、様々な苦難を乗り越える勇気が大切です。

 現実の人生を価値的に生き抜く知恵の如何は、学歴や収入とは余り関係はありません。特に男性の場合、自らの仕事に誇りを持っていない、或いは、仕事への意欲に欠ける傾向が見て取れる場合、結婚生活の行く末が思い遣られます。

 また、人の生き方は、金銭感覚にも現れます。ケチな人は、人としての品格が疑われる場合もありますし、遊びや趣味などで金使いの荒い人は、借金を抱えている恐れがあります。

 他方で、容姿がそれ程には好みではないとか、いまひとつ稼ぎが少ないとかの理由だけで、決断を見送るのであれば、必ず後悔することになるでしょう。素敵な人を探すとは言っても、人生の途次では、人は誰もが、ある意味で未完成品ですので、現在の瞬間での完璧さを求めてはいけません。

夫婦の対話が結婚の幸せ

家族の軸足と夫婦の対話

 結婚適齢期の男性と女性が、結婚をして家庭を持つことは自然の摂理です。結婚の幸せの実体は何処にあり、どうしたら実感できるのでしょうか。

 結婚の幸せは、夫婦間の長い対話の中にあるとは、良く言われていることですが、本当に幸せかどうかは、対話の中身次第でしょう。

 子供が生まれ、成長するにつれて、男性は仕事、女性は子育てに忙しく、家族の軸足は、夫婦間の関係から、母親を中心とする親子関係に移行することは、珍しくもないでしょう。欧米では、子供は早くから自立を求められますが、我が国では子供がいつまでも自立しないどころか、特には母親の子離れができない場合も多いようです。

 結婚の幸せについては、家庭と仕事という視点から考えてみては、如何でしょうか。

対話の存在が幸せの実体

 先ず、家庭ですが、子供が生まれても、我が国では父親の影が薄いなどという指摘があります。これには、いろいろと原因はあるにしろ、結果としては、夫婦間の対話が置き去りにされています。

 夫がしっかりしていない場合、夫婦夫々の実家、親族との関係が絡み、夫婦間の対話の実体がなくなります。特に、夫の実家暮らしの場合、嫁と姑問題は、切実な問題を引き起しかねません。反対に妻の実家に夫が同居している場合、妻が親から精神的に自立していないと、夫の居場所がなくなります。

 勿論、夫婦間の対話が置き去りにされる原因は、当事者である夫、妻の何れかが、遊びでの浪費や借金、そして余計な異性関係などで、直接の原因を造っている場合も多いと思われます。いずれにせよ、夫、妻のどちらかに隠し事があれば、夫婦間の信頼関係が揺らぎます。

 夫婦の関係は、愛情を云々する以前に、信頼関係が大切ですので、不断の努力が必要でしょう。

夫婦の役割分担の在り方

 次に、夫婦夫々の仕事や職場との関係です。自営業や夫婦とも同じ職場である場合は別ですが、お互いが配偶者の仕事に関心を払い、理解する努力を怠ると稼ぎは増えても、夫婦すれ違いの生活が当たり前になります。

 子供が小さい場合は、家事と育児では、妻ばかりが負担を強いられることも多いようです。そうした場合、夫に妻と同様の負担を求めると、必ず無理がきます。

 女性の中には、夫が多少なりとも家事、育児に協力すれば、仕事も家庭も卒なくこなす人もいますが、そういう人を基準にすると失敗します。

 男性と女性、夫と妻は、もともと家庭での役割が違います。子供が小さい場合、父親は母親の代わりはできないので、妻に負担がかかるのは、仕方がありません。子供が小学校を卒業するまでは専業主婦でも良いかも知れませんし、パートタイムでの仕事で夫の半分以下の稼ぎでも充分でしょう。

 父親が真の役割を果たすのは、子供が社会に出ることをある程度、意識する頃からです。 

夫婦は親友であり、生涯の同志

夫婦の子育てと仕事の本質

 結婚の幸せの第一歩は、何をもって夫婦の幸せとするのか、良く話し合うことから始まるのではないでしょうか。

 子育ては、未来の社会、世界に新たな人材を輩出する大事業です。子供は夜泣きから始まり、親への反抗、非行、不登校や引きこもり、何でもありです。また、子供が病気や障害をもって生まれた場合は、親の心労は大変なものです。

 また、仕事は、社会へ貢献する手段であり、給与と収入は、本来は社会貢献に対する報酬です。どんな仕事でも、仕事として存在する限り、社会で必要性が認められており、職種による尊貴などはありません。

 夫婦で子育てと仕事で、志を立てましょう。そして何でも話し合える親友であり、生涯の同志であることを誓いましょう。それが、結婚の幸せの出発点です。  

苦難と夫婦間の信頼関係

 ロシアの文豪、トルストイは,幸せな家庭は皆一様に幸せであるが、不幸な家庭は夫々に不幸であるとしています。不幸の原因は、夫々の家庭ごとにいろいろですが、病気、失業、借金、子供の教育、住宅ローンの返済、そして家族間の不仲など、数え上げれば、切りがないでしょう。

 どの家庭でも、何も苦難が襲って来ないなどということは、あり得ません。苦難がないことが結婚の幸せではなく、夫婦でそれを乗り越えることが、本当の幸せです。人の幸せは、苦難と表裏一体とも言えます。

 苦難を乗り越えるには、正面から立ち向かわねばなりません。苦難を避け、或いは、解決の先送りをすれば、夫婦間の信頼関係を壊します。また、夫婦間での隠しごとや裏切りは、離婚の引き金となります。一度、信頼関係を損なうと回復するには、大変な労力が求められます。

離婚事由と社会貢献への道

 昨今の事情としては、男性、女性が、縁あって結婚しても、性格の不一致などを理由として、3組に1組が離婚しています。

 夫婦の性格が初めから一致することは、あり得ません。夫婦が離婚すれば、子供は我慢していますが、親が想う以上に嘆き、悲しみます。

 夫婦で仲良くする秘訣は、至らない点を補い合うことです。愚痴と文句でお互いの欠点を指摘し、相手の非ばかりを攻めてはいけません。

 夫婦で子育てと仕事で志を立てることは、お互いを見つめ合うことではなく、夫婦で人生を設計し、同じ目標、方向で協力することです。夫婦で学校や町内会など、地域社会への貢献を考えてみるのも、良いのではないでしょうか。夫婦で地域の住民を幸せにする努力をすれば、生きる世界が拡大して自分達も幸せになります。

 夫婦はどうせ喧嘩をするのですから、夫婦の信頼、絆もより強固になるよう、社会貢献の在り方で揉めては、如何でしょうか。

 結婚の幸せとについては、婚活講座A「婚活の歴史的側面」で、婚姻制度や一夫一婦制の歴史なども記載していますので、考える際の参考にしてください。

婚活セミナー&模擬お見合い、セミナー&ランチ、必勝講座を開催します

知性を磨いて、未来を切り拓きましょう

小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ

(島崎藤村)

 あなたは、自分は未だ若いし、婚活を始めるのは時期尚早、或いは、仕事だけでも大変であるため、婚活どころではないと思っていませんか。

 結婚はそのうち、何とかなるはずと考えているのであれば、大きな錯覚です。婚活でも受験や就職と同様、それ相当の準備、「助走期間」が必要です。就活での苦労を想い起こしてください。人生の伴侶を見つけることは、就活以上の大事業かも知れません。

 婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

勝利の方程式と模擬お見合い

 リベラルアーツの「婚活必勝講座」、そして「婚活力向上セミナー&ランチ」では、究極の人間学に基づき、昨今の恋愛、結婚、離婚など事情を踏まえ、参加者の誰もが素敵な人と成婚できるよう、婚活と人生における勝利の方程式を伝授します。

 講座やセミナーでは、お見合いに関心のある方には、参加者同士のマッチィングを行って「模擬お見合い」も実施します。また、講座、セミナーの終了後、希望者がおられる場合は、恋愛と婚活、そして人生相談にも無料で応じます。

知性と教養を磨く「婚活助走コース」

本年末までの期間限定でリベラルアーツが、推奨する「婚活助走コース」

 初めて婚活する方や、1年以内の短期間で成婚したい方は、本格的活動に向けた心構えを持ち、また、無理のない婚活計画を立てる「助走期間」期間が必要です。

 参加者は入会の如何を問わず、事務所で開催する1回60分で全5回シリーズの婚活必勝講座を受講します。開催日時は各自の都合に合わせますが、3か月以内の受講が前提です。コースの内容は、1.婚活の心得(昨今の結婚と離婚事情を踏まえたオリエンテーション)、2.お見合い相手と結婚相手を選ぶ基準、3.婚活力診断(生き方改革の勧め)、4.成婚力診断(プロフィールの作成要領)、5.お見合いと交際、結婚の心得を基本とします。特に受講講座のテーマについて、ご希望があれば、変更することも可能です。

婚活講座C「婚活の心得シリーズ」が、皆様のお役に立てば幸いです

「人生の実業家」として生き抜きましょう

国破れて山河あり 城春にして草木ふかし (杜甫)

 あなたは、どんな人と結婚したいのでしょうか。

 お相手の体格、学歴、職業、そして収入などの条件だけで、お相手を選ぶと、詰まらない人生が待っています。

 あなたは、塵芥にまみれた現実世界を生き抜く、人間性と才覚を持った「人生の実業家」として、そうしたお相手を探しましょう。

 婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

婚活や人生でお悩みがあれば、何時でも、何でもご相談ください

臆病の心を打ち破り、塵、芥にまみれた現実の世界で勝利しましょう

勝ち負けは人の世の常なれど 最後の勝利を仏にぞ祈らむ(戸田城聖)

鳳の空をぞ翔ける姿して 千代の命に暮らしてぞあれ(同上)

 人生は、「四苦八苦」などとも言われますが、どういう意味でしょうか。

 四苦とは生老病死です。残りの四苦は、求めるものが得られないこと、栄枯盛衰を免れないこと、愛する人と別れること、そして憎んでいる人と会わざるを得ないことです。

 最初の四苦では、病気とは無縁である人もいると思われませんか。しかし、人は誰でも程度の差はあれ、罹患している病があります。それは、臆する病、「臆病」という病気です。

 人生は、自らの臆病との闘いではないでしょうか。臆病は、怠惰・懈怠と表裏一体です。臆病を打ち破り、婚活と人生で勝利の道を拓きたい方、ご相談をお待ちしています。

お電話でのお問合せはこちら

045-651-0523
営業時間
毎日13時から20時 メール連絡は、24時間対応