横浜関内婚活・結婚相談所
「婚活必勝講座」へようこそ

婚活する男性は、家庭を築く基礎体力のある女性を探しましょう

婚活講座C(婚活男性の心得)

人は夫々の人生で、かけがえのない社会的使命と役割を持っています

人格と個性を磨き、社会で活躍しましょう

荒海や佐渡に横たふ天の川(松尾芭蕉)

五月雨を集めて早し最上川(同上)

 リベラルアーツ代表の伊櫻が、婚活・結婚相談所を開設したのは、若い方々が結婚をして家族を持つと同時に、職場や社会で更に活躍することを願うからです。結婚相談所の役割は、結婚したい方々に透徹したアドバイスを送り、成婚の後押しをすることです。

 人生を素敵に生きる秘訣は、自らが社会で果たす使命を自覚して、人格(人間性と人柄)と個性(才覚と能力)を磨き、自らが素敵な人になることです。素敵な人は、必ず素敵な人と成婚し、職場や社会で活躍します。

 そうした想いから、「横浜婚活・結婚相談所センター」の婚活アドバイザーとして、同センターの関内支部を立ち上げました。リベラルアーツは、少人数制の「婚活実践コース」を主宰し、成婚者を世に送り出すとともに、婚活必勝講座やセミナーを開催し、婚活する方には素敵な出会いの機会を提供する所存です。

リベラルアーツは、確かな理念、哲学と大きな安心で婚活を支えます

 婚活女性の心得では、お相手の職業如何ではなく、「人生の実業家探し」を推奨しており、婚活男性の心得では、家庭を築く基礎体力を持っている女性を探すべきことを訴えています。結婚相手を選ぶ絶対的基準は、人間性と人柄、次が才覚と能力ですが、お見合いでのお相手選びから交際に至って、人生を共にできる人かどうかを見究めることが大切です。そして、結婚の幸せとは、夫婦の対話の中身であり、共に人生の苦難を乗り越えることにあります。

女性の真の魅力は、家庭を築く才覚です

幸せな家庭はみな同じように見えるが、不幸な家庭は夫々に不幸である(レフ・トルストイ)

 婚活する男性の多くが、若くて美くしい女性と結婚したいようです。

 しかし、最優先すべき女性の魅力は、別にあります。配偶者選びの絶対的基準は、人間性と人柄ですが、女性は、家事、育児を担う基礎体力が大切です。

 また、如何なる家族でも、夫婦間の信頼関係が、幸せを築く鍵です。人生には、様々な苦難があります。失業や倒産、それに続く生活苦、家族の病気や不和、親の介護、子供の非行など、何でも来いかも知れません。

 婚活では、苦難に直面した時、お互いが忍耐力を発揮して、問題を解決していける、お相手がどうかを確かめましょう。 

加速する人生の体感時間

 人は、生まれた瞬間から否応なく、また、それを意識しなくとも、自らの、そして家族や、友人、知人の生老病死と向き合っています。

 過ぎ去った日々は、後戻り出来ませんし、誰しも死を迎える日が待っています。若い方は、遠い先のことのように思えるかも知れませんが、それは、大きな錯覚、或いは幻想というものです。

 1日の体感時間に関する、フランスの哲学者が発見した「ジャネーの法則」によれば、人は年をとる程、実生活で感じる1日の時間は、確実に短くなるそうです。

 これは時間の流れが加速化することを意味しており、50歳の人にとっての1年の長さは、1歳の人の50分の1であるとしています。また、20歳の人は80歳まで生きるとしても、体感時間で測ったとすれば20歳の時点で、既に人生の半分を終えています。

 従って、ここで申し上げたいことは、人生の岐路を迎えた時、決断を先送りしてはいけないということです。進学、就職、そして配偶者探しでは、誰もがその人生で何をしたいのか、或いは、それが明確であるのかどうかが、改めて問われます。

 自分は未だ若いからとして、人生の目標、ゴールを明確に出来ない方は、ジャネーの法則に照らすと、何もできないままに人生を終えます。

 「臆病ものを覚えず」という先哲の箴言があります。これは、臆病な人は物事の本質を理解しない、或いは、学習能力を持たないということでしょうか。人生は闘いの連続ですが、一言で言えば、自らの臆病との闘いです。

 勇気を奮い起せば、新しい世界が拓け、新たな自分を発見します。臆病は、怠惰と表裏一体です。臆病な方は、新たな挑戦や、苦労から逃げようとします。人生を生きる姿勢が、リスク回避と現状維持では、何も学習出来ませんし、人から信頼されることもありません。

対称的な女性像

 婚活する男性は誰もが、魅力のある女性と結婚したいと、考えるのではないでしょうか。女性の魅力は、若くて美しいことが最優先でしょうか。

 多くの男性が、配偶者に若くて美しい女性を求めるのは、そうした女性との間で、子供を設けて幸せな家庭を持ちたいと願う男性の本能でしょう。

しかしながら、若くて美しい全ての女性が、幸せな家庭を築く才覚、基礎体力を持っている訳ではありません。

 高度成長時代の専業主婦について、「かきくけこ」女房という象徴的な「わがまま女」の例え話があります。時間、金銭、人間関係に限らず、全てにルーズな習性、行動を揶揄しています。

 「か」とは買い物、ショッピング、「き」とは着物、お洒落、「く」とは車、それも高級車、「け」とは稽古ごとなどの暇つぶし、最後の「こ」は、恋人、愛人だそうです。

今の時代、容姿や体型の見た目の「外側磨き」には、ヘアとネイル・サロン、エステ、スポーツ・ジムが、トレンドというところでしょうか。更に、趣味としての海外旅行や、グルメ、食べ歩きも外せないでしょう。

 他方で、緊張感のとは無縁の生き方をしている、「だらしのない女」にとっては、外側磨きも無用の長物かも知れません。 

 「さしすせそ」女房についても、紹介します。「さ」は、裁縫、仕立て、「し」は、躾け、子供の教育、「す」は、炊事、料理、「せ」は洗濯、アイロン掛け、「そ」は掃除、整理整頓です。以上のことは、全て家事能力を指しています。

 今の時代、家事能力を有することは、男性に限らず女性も当たり前ではありません。いくつになっても、実家で親と同居している女性は、家事能力どころか、人として精神的にも、経済的にも自立していない可能性があります。

 また他方で、特殊技能を必要とする職場で働いているか、或いは、事業家としての才覚、能力に溢れていて、家庭を築くことよりも、仕事優先の女性もいます。 

配偶者選びの基準

 配偶者選びの絶対的基準は、人間性と人柄です。若くて美しいことは、男性の学歴や肩書、そして収入や資産と同様、相対的基準でしかありません。

 女性は何時の時代でも、家事、育児を担う才覚と基礎体力が最も大切です。女性の使命と役割は、家族に愛情を注ぎ、配偶者が職場、社会で活躍できるようにし、また、子供を人材として社会に送り出すことです。

 核家族化が進行した今の社会では、子育てのストレスは尋常ではない場合も多いようです。夫婦が離婚する場合、子供が2歳になるまでの間が一番、多いそうです。これは、男性の側にも相当の責任がありそうですが、女性が家族に愛情を注ぐ、基礎体力がない場合、男性の側が支えるとしても限界があります。

 基礎体力のある家庭的な女性は、両親や家族から自然な愛情を注がれた人です。面白くもないと思われるかもしれませんが、お見合い、交際で気に入ったお相手が、基礎体力を持っていないとの懸念がある場合は、男性の側に相当の覚悟と努力が求められます。 

 配偶者選びで次の基準があるとしたら、仕事での才覚と能力でしょうか。結婚生活では、結婚したその日から仕事と家庭の両立が求められます。結婚生活では、いつの時代でも、また欧米に限らず、夫婦共稼ぎが原則です。高度成長時代、子どもの習い事や進学競争に狂奔する、専業主婦という職業は、もはや存在しません。

 従って、仕事での才覚、能力も、それなりに必要でしょう。しかし、若い方であれば、才覚と能力も、二次的問題かも知れません。人の潜在的能力は、男女関係なく、生き方と努力次第でどうにでもなるからです。

 女性の場合は、フルタイムの勤務で、男性の6割も稼ぎがあれば、充分でしょう。子供が自立してからは、再就職、個人事業を起こしても良いでしょう。超高齢化社会では、親の看護、介護も問題もあるでしょう。

人は人生の実業家

 婚活する男性は、自分の人生のシナリオを描いてみましょう。人生の3大事業は、卒業、就職、結婚ですが、生き方が問われる人生の転機としては、転職とか、終活と言われる問題があります。

 婚活に励もうという方は、仕事は一人前にできるようになり、ようやく家庭を持とうという時に何の話かと思うでしょう。しかし、人には、夫々社会で果たすべき使命、役割があります。

 転職、終活の問題は、人生90年時代の最終章で自分は、何を生き甲斐とするのかという問題です。世の9割近くを占める給与所得者であれば、定年退職後の人生でしょうか。第2の人生という言い方もありますが、人生にそんな仕分けは、本来はないはずです。人生の最終章こそが、人生劇場の本番だからです。 

 人は、自分の人生の実業家です。事業を成功させるためには、自らの人生観を確立し、人間性と才覚を磨くべきでしょう。また、人生には、様々な苦難があります。失業や倒産、それに続く生活苦、家族の病気や不和、親の介護、子供の非行など、何でも来いかも知れません。

 如何なる家族でも、夫婦間の信頼関係が苦難を乗り越える鍵です。配偶者のいずれかの浮気や、遊びでの借金など信頼を裏切ることがあれば、話は全く別ですが、不都合な事態に遭遇しても、簡単に離婚してはいけません。苦難に直面した時、それを乗り越える算段をしましょう。

 婚活では、苦難に直面した時、お互いが忍耐力を発揮して、問題を解決していける、お相手がどうかを確かめましょう。世の中には、素敵な男性、女性は数多くおられますし、素敵な方は、恋愛でも、お見合いでも素敵な方と出会い、素敵な方と成婚します。

 人生の伴侶探しでは、人間性と人柄、言わば人格力、その人の生き方が問われます。自分にとって「都合のいい人」探しをしている人は、同じような人としか出会えませんし、成婚ができません。

素敵な女性との折衝

 結婚のお相手選びで大切なことは、御見合いや、交際で働き掛け、折衝した結果、お互いの生き方、人生観に共感できるかということです。

 婚活は人生の伴侶を得るために行っているのですから、お互いが就職試験と同様に、面接試験を行っていることと同じで、人生最大の人事案件ではないでしょうか。

 人生は自分との闘いです。人生で素敵な伴侶を得るには、お見合いや、交際では自然体で臨めるよう、素敵な人から気に入られるよう、日頃から自らを訓練し、人格力を磨きましょう。

 最後に自らに対する実践的な訓練の糧となるよう、助言を記します。多くの女性から好かれる人柄は、最初が一緒にいて安心できるか、次に話が面白いか、最後が同じ方向を向けるか、ということでしょうか。

 安心とは、やたらと緊張を強いられ、余計な気を使わなくでも良いか、ということです。人に余計な緊張を強いるのは、利己主義、臆病で、かつ神経質な人に見られる典型的な特徴で、結局は人も自分も幸せにはできません。

 次の話が面白いかどうかは、話の次元や、何に関心を寄せているかで一概に言えませんが、最終的にはウイットとユーモアのセンスです。これは人の折衝、交渉能力では、最も高次元の才覚、能力です。人の立場でものを考え、人を思いやる能力を磨かないと出て来ません。

 最後の同じ方向を向けるかという条件は、志と使命感の問題で、最も高い人格力を必要とします。男性は、仕事や自らの生き方を通して、社会に貢献したいとの想いを、交際するお相手に訴えましょう。

 婚活では、勢いと自己表現力が求められます。お見合い、交際の場では、自分の魅力をお相手に訴える必要があります。女性が苦手であると思い込んでいる方は、自分に自信が持てるよう、生き方を改革しましょう。

 いずれにしても、人生は、人に働きかけを行うという意味では、人生は広報、言論戦の側面を有しますが、婚活の場でも、お相手との折衝能力、交渉力は不可欠です。

 リベラルーツは、婚活と人生勝利の秘訣として知性と教養を磨くことを提唱していますので、婚活講座A「知性と教養」も、お読み頂けると幸いです。

婚活セミナー&模擬お見合い、セミナー&ランチ、必勝講座を開催します

知性を磨いて、未来を切り拓きましょう

小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ

(島崎藤村)

 あなたは、自分は未だ若いし、婚活を始めるのは時期尚早、或いは、仕事だけでも大変であるため、婚活どころではないと思っていませんか。

 結婚はそのうち、何とかなるはずと考えているのであれば、大きな錯覚です。婚活でも受験や就職と同様、それ相当の準備、「助走期間」が必要です。就活での苦労を想い起こしてください。人生の伴侶を見つけることは、就活以上の大事業かも知れません。

 婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

勝利の方程式と模擬お見合い

 リベラルアーツの「婚活必勝講座」、そして「婚活力向上セミナー&ランチ」では、究極の人間学に基づき、昨今の恋愛、結婚、離婚など事情を踏まえ、参加者の誰もが素敵な人と成婚できるよう、婚活と人生における勝利の方程式を伝授します。

 講座やセミナーでは、お見合いに関心のある方には、参加者同士のマッチィングを行って「模擬お見合い」も実施します。また、講座、セミナーの終了後、希望者がおられる場合は、恋愛と婚活、そして人生相談にも無料で応じます。

知性と教養を磨く「婚活助走コース」

本年末までの期間限定でリベラルアーツが、推奨する「婚活助走コース」

 初めて婚活する方や、1年以内の短期間で成婚したい方は、本格的活動に向けた心構えを持ち、また、無理のない婚活計画を立てる「助走期間」期間が必要です。

 参加者は入会の如何を問わず、事務所で開催する1回60分で全5回シリーズの婚活必勝講座を受講します。開催日時は各自の都合に合わせますが、3か月以内の受講が前提です。コースの内容は、1.婚活の心得(昨今の結婚と離婚事情を踏まえたオリエンテーション)、2.お見合い相手と結婚相手を選ぶ基準、3.婚活力診断(生き方改革の勧め)、4.成婚力診断(プロフィールの作成要領)、5.お見合いと交際、結婚の心得を基本とします。特に受講講座のテーマについて、ご希望があれば、変更することも可能です。

婚活講座C「婚活の心得シリーズ」が、皆様のお役に立てば幸いです

「人生の実業家」として生き抜きましょう

国破れて山河あり 城春にして草木ふかし

(杜甫)

 あなたは、どんな人と結婚したいのでしょうか。

 お相手の体格、学歴、職業、そして収入などの条件だけで、お相手を選ぶと、詰まらない人生が待っています。

 あなたは、塵芥にまみれた現実世界を生き抜く、人間性と才覚を持った「人生の実業家」として、そうしたお相手を探しましょう。

 婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

婚活や人生でお悩みがあれば、何時でも、何でもご相談ください

臆病の心を打ち破り、塵、芥にまみれた現実の世界で勝利しましょう

勝ち負けは人の世の常なれど 最後の勝利を仏にぞ祈らむ(戸田城聖)

鳳の空をぞ翔ける姿して 千代の命に暮らしてぞあれ(同上)

 人生は、「四苦八苦」などとも言われますが、どういう意味でしょうか。

 四苦とは生老病死です。残りの四苦は、求めるものが得られないこと、栄枯盛衰を免れないこと、愛する人と別れること、そして憎んでいる人と会わざるを得ないことです。

 最初の四苦では、病気とは無縁である人もいると思われませんか。しかし、人は誰でも程度の差はあれ、罹患している病があります。それは、臆する病、「臆病」という病気です。

 人生は、自らの臆病との闘いではないでしょうか。臆病は、怠惰・懈怠と表裏一体です。臆病を打ち破り、婚活と人生で勝利の道を拓きたい方、ご相談をお待ちしています。

お電話でのお問合せはこちら

045-651-0523
営業時間
毎日13時から20時 メール連絡は、24時間対応