横浜関内婚活・結婚相談所
「婚活必勝講座」へようこそ

婚活する女性は、人生の事業家探しをしましょう

婚活講座C(婚活女性の心得)

人は夫々の人生で、かけがえのない社会的使命と役割を持っています

人格と個性を磨き、社会で活躍しましょう

荒海や佐渡に横たふ天の川(松尾芭蕉)

五月雨を集めて早し最上川(同上)

 リベラルアーツ代表の伊櫻が、婚活・結婚相談所を開設したのは、若い方々が結婚をして家族を持つと同時に、職場や社会で更に活躍することを願うからです。結婚相談所の役割は、結婚したい方々に透徹したアドバイスを送り、成婚の後押しをすることです。

 人生を素敵に生きる秘訣は、自らが社会で果たす使命を自覚して、人格(人間性と人柄)と個性(才覚と能力)を磨き、自らが素敵な人になることです。素敵な人は、必ず素敵な人と成婚し、職場や社会で活躍します。

 そうした想いから、「横浜婚活・結婚相談所センター」の婚活アドバイザーとして、同センターの関内支部を立ち上げました。リベラルアーツは、少人数制の「婚活実践コース」を主宰し、成婚者を世に送り出すとともに、婚活必勝講座やセミナーを開催し、婚活する方には素敵な出会いの機会を提供する所存です。

リベラルアーツは、確かな理念、哲学と大きな安心で婚活を支えます

 婚活女性の心得では、お相手の職業如何ではなく、「人生の実業家探し」を推奨しており、婚活男性の心得では、家庭を築く基礎体力を持っている女性を探すべきことを訴えています。結婚相手を選ぶ絶対的基準は、人間性と人柄、次が才覚と能力ですが、お見合いでのお相手選びから交際に至って、人生を共にできる人かどうかを見究めることが大切です。そして、結婚の幸せとは、夫婦の対話の中身であり、共に人生の苦難を乗り越えることにあります。

婚活では「人生の実業家」を探しましょう

恋愛とは美しき誤解であり、結婚は惨めな

理解である(オスカー・ワイルド)

 婚活する女性は誰もが、人間的に魅力のある男性と結婚したいと、考えるのではないでしょうか。

 人間的魅力のある、素敵な男性とは、仕事のできる男性を意味しますが、言わば「人生の実業家」です。仕事では、その人の生きる姿勢、人生観、そして知性と教養が如実に現れます。

 婚活する女性は、ご機嫌取りがうまい男性ではなく、未来を切り拓く、覚悟と才覚を持った男性を探しましょう。

  婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

素敵な人との出会い

 あなたはそもそも、どういう方と結婚したいのでしょうか。お相手選びの絶対的基準は、人間性と人柄です。世の中には、良い人、素敵な人は、沢山います。

 これまでの人生で、素敵な人との出会いがないと言うのであれば、あなたに人を見る目がないのかも知れません。婚活している女性の中には、学歴や、肩書信仰をお持ちの方も多いようです。

 人間性と人柄は、知性と教養の問題で、残念ながら学歴や肩書とは関係がありません。真の知性と教養は、生きる姿勢に現れ、苦難や課題に向き合う勇気、未来を切り開く知恵と忍耐力を意味します。

 また、多くの女性は、収入や資産について、必要以上に拘っている可能性があります。収入や資産は、相対的な条件でしかありません。お相手の収入や資産は、才覚や能力の現れですが、人の潜在的能力は、男性、女性関係なく生きる姿勢、現在の決意と覚悟、そして努力次第で大きく開花します。

 人の才覚と能力は、取り組む真剣さが、2倍になれば、何故か2乗倍に、つまりは4倍も引き出されます。それは、人生の醍醐味でもありますが、遭遇した出来事や課題に勇気を持って挑戦すれば、自分には無縁と思われた才覚が現れ、当初は無理と思われたことも成就します。

 また、素敵な人とは、自分の未来を構築できる人です。未来を築こうという強い決意がない、或いは、地道な努力が出来ない方は、素敵な方とは出会えません。

 あなたは、職場や日常生活で、周囲の人に感謝できる方でしょうか。また、精神的に、また、経済的に自立して生きていますでしょうか。若し、そうであれば、必ずや素敵な出会いが待っています。巷間では、似た者夫婦という言い方があります。婚活で成婚するお相手は、人間性、人柄、更には、生き方や人生観で、何らかの共通項を持った方です。

 人生の目標、そして苦楽を共に出来る伴侶が得られた時、あなたの人生、将来の世界は、信じ難いほどに拡大しているでしょう。

人生の実業家探し

 婚活する女性は誰もが、人間的に魅力のある男性と結婚したいと、考えるのではないでしょうか。人間的魅力のある男性とは、仕事のできる男性を意味します。

 仕事ができる男性は、残念ながら、その職業の如何に拘わらず、5人に1人しかいません。職場に10人いるとすれば、いて欲しい人、どうでもよい人、いない方が良い人が、2-6-2の割合で分かれるという話です。

 どうでもよい人とは、代わりはいくらでもいるという人で、程度の差はあるとは言え、仕事の目的、戦略、段取りを考えない、指示された事だけをする、言わばマニュアル人間です。

 口の悪い経営コンサルは、人財、人在、人罪などと、色分けしています。婚活する女性は、是非5人に1人の男性から気に入られるよう、努めて頂ければと思います。 

 仕事ができる男性とは、言わば「人生の実業家」です。実業家は、展開している事業の構想と投資戦略、人員の配置と人財の育成、事業収支と資金繰りなど、ありとあらゆる事を常に考えています。

 ここで言う実業家の意味は、組織を統率する能力を有する人を指します。公務員やサラリーマン、或いは、医師や弁護士、学者や研究者、そして、芸術家や職人など、職業の如何とは関係なく、組織を統率する能力を職場や社会で発揮している人は、少なくありません。

 実業家が組織を統率する能力を欠いていれば、そもそも事業は成功しませんし、サラリーマンであれば、人の上に立つ管理職には就けません。社会は、5人に1人の実業家が支えています。

 勿論、女性にも、実業家として才覚、能力を発揮する人が少なからず存在し、並みの男性実業家以上に活躍している人もいます。ただし、女性は母親になれば、子育てという大事業では男性以上の役割を果たしますので、そうした女性を基準に人生、婚活を考える必要はありません。  

人生の実業家の才覚とは

 以上の次第から、婚活する女性は、「青年実業家」を探しましょう。青年実業家とは、実年齢が若いことではなく、常に学習能力を磨き、未来に向かって挑戦の姿勢を崩さない男性です。

 仕事では、その人の生きる姿勢、人生観、そして知性と教養が如実に現れます。人は、持って生まれた才覚、能力を社会で役立てた時、真の幸福を掴みます。才覚、能力を生かすことは、先ず仕事を通じてです。

 また、青年実業家は多くの場合、実生活でも苦難に向き合う知恵と忍耐力を持っています。そうした人であれば、自らの人生を設計し、苦難に直面しても解決の糸口を探し出します。また、一時は苦難に負けることがあっても、やがて立ち上がります。

  若い女性では、結婚後は、専業主婦になりたいという人が増えているそうです。兎にも角にも、平穏無事な人生を歩みたいということでしょうか。人生は、山あり、谷ありで、苦難は付きものですが、長い人生が仮にも平穏無事であったとしたら、つまらない人生を送ることとなります。

 人は、苦難を乗り越える時に、眠っていた才覚、能力が覚醒し、本当の自分を発見します。自己実現と真の幸福の達成は、苦難と表裏一体です。

 ここで言う実業家と結婚すれば、忙しい生活が待っています。しかし、考えれば分かることですが、暇な毎日を過ごすことは、自分が人の役に立っていないことを意味します。

 ひと昔前は熟年離婚の申し出は、女性側の専売特許でしたが、昨今は、男性側が切り出すケースが4割にも上っています。その理由のひとつには、「こんなだらしのない女とは、一緒の墓に入りたくない」ということがあるそうです。

職業も実業家の男性

 老婆心ながら、実際の職業も実業家という人と結婚したい方にお伝えしたいことがあります。人生は山あり、谷にありですが、事業経営も同様です。

 事業主、或いは経営者には、事業の承継問題という、ある種の難問があります。羽振りの良い、お金持ちの子息と結婚すれば、幸せになれると考えるのは、大変に危険です。

 事業の2代目、3代目の立場にある男性の中には、仕事を覚えないどころか、単に親が起した会社で肩書をもらって、養われているだけの人もいますし、ある程度の経営手腕があっても、臆病で社員、従業員を統率できない人もいます。そうした人は、やがて事業に失敗し、負債や借金が原因で一家離散、或いは夜逃げを強いられるかも知れません。 

 中小企業の事業主の場合、事業経営は法人化されてはいるものの、事業費と生活費との区別、公私の別を付けられない人がいます。事業経営は、それなりに成功していても、高級車や趣味などで余計なものを事業経費で購入するなど、モラルに欠ける人です。

 そうした人は、事業経営に社会貢献という哲学がない、或いは経営自体にも理念、戦略がないことは明らかです。浪費を繰り返す人は、そもそも見栄っ張りで、堕落しています。一時は良くとも、事業と人生に必ず行き詰ります。婚活中に、本人の人間性と人柄を見究めましょう。 

夫婦は苦楽を分かつ同志

 また、折角、経営手腕を持つ実業家と結婚しても、女性の側が会社勤めしている場合や、専業主婦として夫の事業に関心を払わない場合は、結婚後の5年、10年のうちに離婚の危機を迎えることが多いようです。

 生きる世界が別となり、夫婦で同じ方向を向けなくなるからです。実業家と結婚するのであれば、その事業が成功しており、それなりの収入があれば、これまでの仕事は、諦めることが必要です。

 そこで落胆したりする必要は、全くありません。交際相手の事業と自分の仕事では、例え大きな職種の違いがあったとしても、それまで培ってきた才覚と能力が、生かされる時が必ず訪れます。それこそ、あなたも人生の実業家として、再出発する構想を練ってみては、如何でしょうか。

 お勧めは、夫の会社に転職し、取り敢えず経理を覚えることです。事業経営の実態と先行きは、全てお金に出ますので、大いに勉強になるでしょう。世の男性の職業では、9割近くが給与所得者であり、実業家としての才覚を持つ人は、やはり5人に1人のようです。あなたも、5人に1人の実業家の仲間入りをしましょう。 

 人生は、事業イコールではありません。何時まで経っても事業が不調であれば、撤退する決断を迫られるかも知れません。多角的に事業を展開している場合は、それまでの本業から副業に軸足を移すこともあり得ましょう。

 婚活する女性は、お相手に経営理念や今後の構想を尋ねてみましょう。若し、あなたが実業家の夫を公私共に支え、事業を発展させることができれば、それが如何に大変であっても、人生を人の2倍、3倍楽しめます。

 また、仮に一時は事業から撤退することがあっても、お相手が人生の実業家であれば、何ら後悔することはありません。あなたも、苦楽を分かつ人生の実業家で、かつ人生を共にする同志なのですから、二人で事業と、そして共に歩む人生を立て直す算段をしましょう。

 リベラルーツは、婚活と人生勝利の秘訣として知性と教養を磨くことを提唱していますので、婚活講座A「知性と教養」も、お読み頂けると幸いです。

婚活セミナー&模擬お見合い、セミナー&ランチ、必勝講座を開催します

知性を磨いて、未来を切り拓きましょう

小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ

(島崎藤村)

 あなたは、自分は未だ若いし、婚活を始めるのは時期尚早、或いは、仕事だけでも大変であるため、婚活どころではないと思っていませんか。

 結婚はそのうち、何とかなるはずと考えているのであれば、大きな錯覚です。婚活でも受験や就職と同様、それ相当の準備、「助走期間」が必要です。就活での苦労を想い起こしてください。人生の伴侶を見つけることは、就活以上の大事業かも知れません。

 婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

勝利の方程式と模擬お見合い

 リベラルアーツの「婚活必勝講座」、そして「婚活力向上セミナー&ランチ」では、究極の人間学に基づき、昨今の恋愛、結婚、離婚など事情を踏まえ、参加者の誰もが素敵な人と成婚できるよう、婚活と人生における勝利の方程式を伝授します。

 講座やセミナーでは、お見合いに関心のある方には、参加者同士のマッチィングを行って「模擬お見合い」も実施します。また、講座、セミナーの終了後、希望者がおられる場合は、恋愛と婚活、そして人生相談にも無料で応じます。

知性と教養を磨く「婚活助走コース」

本年末までの期間限定でリベラルアーツが、推奨する「婚活助走コース」

 初めて婚活する方や、1年以内の短期間で成婚したい方は、本格的活動に向けた心構えを持ち、また、無理のない婚活計画を立てる「助走期間」期間が必要です。

 参加者は入会の如何を問わず、事務所で開催する1回60分で全5回シリーズの婚活必勝講座を受講します。開催日時は各自の都合に合わせますが、3か月以内の受講が前提です。コースの内容は、1.婚活の心得(昨今の結婚と離婚事情を踏まえたオリエンテーション)、2.お見合い相手と結婚相手を選ぶ基準、3.婚活力診断(生き方改革の勧め)、4.成婚力診断(プロフィールの作成要領)、5.お見合いと交際、結婚の心得を基本とします。特に受講講座のテーマについて、ご希望があれば、変更することも可能です。

婚活講座C「婚活の心得シリーズ」が、皆様のお役に立てば幸いです

「人生の実業家」として生き抜きましょう

国破れて山河あり 城春にして草木ふかし

(杜甫)

 あなたは、どんな人と結婚したいのでしょうか。

 お相手の体格、学歴、職業、そして収入などの条件だけで、お相手を選ぶと、詰まらない人生が待っています。

 あなたは、塵芥にまみれた現実世界を生き抜く、人間性と才覚を持った「人生の実業家」として、そうしたお相手を探しましょう。

 婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

婚活や人生でお悩みがあれば、何時でも、何でもご相談ください

臆病の心を打ち破り、塵、芥にまみれた現実の世界で勝利しましょう

勝ち負けは人の世の常なれど 最後の勝利を仏にぞ祈らむ(戸田城聖)

鳳の空をぞ翔ける姿して 千代の命に暮らしてぞあれ(同上)

 人生は、「四苦八苦」などとも言われますが、どういう意味でしょうか。

 四苦とは生老病死です。残りの四苦は、求めるものが得られないこと、栄枯盛衰を免れないこと、愛する人と別れること、そして憎んでいる人と会わざるを得ないことです。

 最初の四苦では、病気とは無縁である人もいると思われませんか。しかし、人は誰でも程度の差はあれ、罹患している病があります。それは、臆する病、「臆病」という病気です。

 人生は、自らの臆病との闘いではないでしょうか。臆病は、怠惰・懈怠と表裏一体です。臆病を打ち破り、婚活と人生で勝利の道を拓きたい方、ご相談をお待ちしています。

お電話でのお問合せはこちら

045-651-0523
営業時間
毎日13時から20時 メール連絡は、24時間対応