横浜関内婚活・結婚相談所
「リベラアルアーツ」へようこそ

結婚と離婚の趨勢を踏まえて、結婚相談所選び方をご案内します

結婚相談所のご案内

人は夫々の人生で、かけがえのない社会的使命と役割を持っています

人格と個性を磨き、社会で活躍しましょう

荒海や佐渡に横たふ天の川(松尾芭蕉)

五月雨を集めて早し最上川(同上)

 リベラルアーツ代表の伊櫻が、婚活・結婚相談所を開設したのは、若い方々が結婚をして家族を持つと同時に、職場や社会で更に活躍することを願うからです。結婚相談所の役割は、結婚したい方々に透徹したアドバイスを送り、成婚の後押しをすることです。

 人生を素敵に生きる秘訣は、自らが社会で果たす使命を自覚して、人格(人間性と人柄)と個性(才覚と能力)を磨き、自らが素敵な人になることです。素敵な人は、必ず素敵な人と成婚し、職場や社会で活躍します。

 そうした想いから、「横浜婚活・結婚相談所センター」の婚活アドバイザーとして、同センターの関内支部を立ち上げました。リベラルアーツは、少人数制の「婚活実践コース」を主宰し、成婚者を世に送り出すとともに、婚活必勝講座やセミナーを開催し、婚活する方には素敵な出会いの機会を提供する所存です。

リベラルアーツは、透徹したアドバイスと手厚いサービスが信条です

 婚活では自らの生き方が問われます。結婚相手を選ぶ場合の基準、考え方の順序としては、先ず人間性・人柄、次に能力・才覚、そして最後が収入・資産です。長い人生では、お互いの生き方に共感でき、仕事、家族、健康問題など様々な困難を乗り越えながら、何らかの意味で社会に貢献していくことが大切です。人生を共にすべき信頼できる相手を探しましょう。リベラルアーツは、各自が冷静に自己分析をする勇気を持ち、婚活と人生に勝利する端緒を拓けるようにします。

結婚とは何か、改めて考えてみましょう

鶏頭の十四五本もありぬべし(正岡子規)

 そもそも結婚とは、あなたにとって何なのでしょうか。

 日本の歴史的及び社会的側面から、考えてみるのも、面白いのではないでしょうか。

 新たな発見があれば、人生90年時代を迎えて、あなたの人生ののシナリオを描く、一助となるばかりでなく、婚活では誰もが陥りがちな仮想現実の世界を打ち破ることが、できるかもかも知れません。

リベラルアーツ独自の人間力診断

 リベラルアーツの人間力診断は、「人間性とは何か」を解析する、最高峰の人間哲学に立脚しています。あなたの人間性(人格力)を婚活力、結婚力、そして成婚力の視点から高精度で診断できます。

 婚活力は、あなたの人格の高さ、素敵度指標です。結婚力は結婚後の幸せ指標、また、成婚力は、素敵な人と成婚する交渉力です。あなたの人間力を診断、解析して、婚活と人生を切り拓きましょう。

昨今の結婚と離婚の趨勢

晩婚化と非婚化の現象

 今の時代、結婚適齢期の男女が、結婚相手を見つけることは、簡単ではないようです。結婚する男性の平均年齢は32歳、また、女性は29歳と晩婚化が進んでいます。

 そして、一生お一人様という非婚化という現象もあります。生涯未婚率(50歳時の未婚率)は、2035年には、男性3割、女性2割に達すると言われています。2015年の国勢調査に基づく速報値でも、生涯未婚率は男性が23%近くに及び、女性も13%以上に及んでいます。

 男性は、年収が増える程に家庭を持ちますが、女性は年収6百万までは生涯未婚率が徐々に増え、その後は低減しますが、1千万を超えると38%近くまで急激に増加しています。

 また、30代の男性の5割が、また、女性では4割が結婚に後ろ向きとの分析があります。結婚適齢期の18歳から34歳までの男女の意識調査では、男性の57%以上が未だ結婚したくない、或いは一生結婚する心算はないとしており、女性もその比率は、47%を超えています。

離婚率の高さと背景

 毎年、結婚した60万組のうち、20万組以上が離婚していますが、その結果、シングルマザーは、120万人を超えています。

 身勝手な男性に女性の側が、我慢しなくとも良くなったからでしょうか。一概には言えませんが、女性も仕事を持っていれば、結婚しなくとも生きていけますし、子供を抱えて離婚しても、命には別状はありません。核家族化が進み、離婚する人が昔のように、親族から人間失格などという烙印を押されなくとも良くなりました。

 他方で、男性の側が、離婚を突き付ける場合もあり、無理に結婚生活を維持する時代は、終わりを告げました。日本でも終身雇用制は崩れつつありますし、結婚の意味も、必ずしも同じ配偶者と生涯を共にすることと、同義ではないのかも知れません。

離婚の具体的理由

 離婚で最も多い理由は、「性格の不一致」とされていますが、「男は身勝手」、「女は我がまま」などと言われる事例が多いとすれば、お互いの性格は悪い意味で一致しています。

 司法統計によれば、離婚の二番目以降の具体的理由は、男性と女性とでは、順序にかなりの差がありますが、暴力、異性関係、浪費、精神的虐待、性的不調和、家庭を捨て顧みない、家族・親族との折り合いが悪いなどです。

 女性側の不満では、暴力の次に生活費を渡さないことですが、男性側の不満のトップは異性関係です。女性の浮気については、男性側が我慢しないだけのことでしょうか。実態は、夫婦の信頼関係が崩れ、女性の側が戻ってくる気がないため、裁判離婚となる場合も多いようです。

 また、性格の不一致とする理由でも、それ以外の具体的理由を隠している場合も、多分に存在している模様です。

恋愛結婚とお見合い結婚

恋愛結婚とお見合い結婚の離婚率

 恋愛結婚での離婚率については、お見合いでの10%に比べて、40%を数えます。

 恋愛結婚では、離婚が多い理由を簡単に申し上げると、人が行動を起こす時の判断基準は、感情的な好き嫌い、打算による利害得失、そして理性が働く是非弁別とありますが、恋愛でのお相手選びでは、判断基準の比重がどうしても前の2つに傾くからです。

 その結果、結婚するかどうかも分からない、お相手と恋愛することが、自己目的化してしまいます。子供ができてから、仕方なく結婚する場合も多く、10代で「出来ちゃった婚」をした場合は、8割が離婚しています。

 離婚に至る理由としては、当初から人生を生きる姿勢に問題がありますが、更には、苦難に直面した時、それを乗り越える人としての基礎体力がないからです。つまりは、最も大切な信頼関係の構築に失敗し、離婚という憂き目を見ることになります。

恋愛結婚で離婚が多い理由

 リベラルアーツは、結婚するお相手選びでは、人間性と人柄を譲ってはいけない、絶対的条件としています。婚活講座の婚活力診断では、人間性と人柄を測る基準について、理性と良心、並びに感情と欲望に分けて、点数化して診断できるようにしました。

 人間性と人柄は、人格力、或いは人間の器と言っても良く、点数が多い程、理性と良心に従って判断、行動できる、「素敵な人」と成婚できることを説いています。

 赤点の方は、感情と欲望に支配されがちな人で、結婚しても離婚する可能性が大きいということですが、恋愛結婚の場合は、夫婦となっても40%が離婚する現実は、赤点の方が相当におられることの証左です。

 お見合い結婚では、初めから結婚して家族を持つという意思がはっきりしており、また、お見合い、交際する過程で結婚生活を送る能力も問われますので、人間性と人柄で離婚に至る赤点の方は少ないと言えます。

恋愛結婚とお見合い結婚の相違

 女性、男性とも、そもそも結婚は恋愛の延長線上にあるもので、お見合いをしてまで結婚したくないと考えている方も多いのではないでしょうか。

 恋愛結婚とお見合い結婚は、最初の出会いの機会が異なるだけで、交際を経て結婚に至る過程には、本質的な差異はありません。恋愛、そしてお見合いによる出会でも、男女いずれかの側から積極的な働きかけがなければ、結婚することにはなりません。

 人間性と人柄の優れた「素敵な人」は、恋愛でも、また、お見合いでも、素敵な出会いを得て、素敵なお相手と成婚します。素敵な恋愛をされる方は、理性と良心が働きます。感情と欲望に支配されている人は、お互いがお互いの悪縁でしかなく、恋愛では未来に対する決意も覚悟もないまま、因縁話で泥沼にはまります。

 お見合い結婚でも成婚する場合は、交際を通じて信頼関係を築き、未来を切り拓く理性、そしてお互いに対する想いと感情は一致します。

婚活市場とビジネスの実態

婚活ビジネスの闇

 

 男女が家庭を築いて子供を育てることは、自然の摂理ですが、人は自力で結婚相手を探すことには、慣れていないようです。親族、地域、職場で、見合いのお世話をするという社会慣習が滅んでしまった現在、お相手探しは、婚活情報サービスか、結婚相談所を利用する時代が来ています。

 成婚率について言えば、婚活情報サービスや、婚活パーティーでは3-5%程度ですし、大手の結婚相談所では8-10%、婚活アドバイザーが親身にお世話をする、中小の結婚相談所でも20-30%が平均値のようです。

 いったい、どういう訳でしょうか。ここに年商1,000億円とも言われる、婚活ビジネスの闇があります。婚活ビジネスは、「素敵な人」と結婚したい人に夢を売る商売だからです。成婚できなくとも、身勝手な夢を追う本人の責任という訳です。

 結婚相談所でかかる基本的費用は、入会金、月会費、成婚料です。入会金が10万円以上で、最初にコストの相当部分を回収する場合も、少なくありません。結婚相談所の恐いところは、婚活アドバイザーは、何らの国家資格を必要としませんし、立ち上げの資金さえあれば、誰でも始められます。

 大手の婚活ビジネス会社は、傘下の結婚相談所を立ち上げることに必死です。婚活業界は、土地の値段は下がらないという神話に便乗した、バブル時代の不動産業界の様相を呈しています。

 成婚率やセレブ婚などを売りに出している相談所もありますし、大した哲学、理念もないまま、婚活する人のスキル・アップばかりを強調するところも多いようです。それから、第三者を装った自社、傘下の結婚相談所を露骨に宣伝するサイトも存在します。

結婚相談所の類型

 婚活市場は上記の状況ですし、結婚相談所の多くも、大きな問題を抱えていると言えます。婚活業界も他のビジネスと同様、ブラックな側面も大きく、「婚活ビジネスの闇」というものが大手を振って歩いています。

 結婚相談所は、概ね以下の3とおりのタイプに分けられるようですが、1番目と2番目が多いのが、婚活ビジネスの実態を物語っています。 

(1)欲望、虚栄心扇動型

 先ず、セレブ婚などと称して、男性側の職業や収入を喧伝し、女性側の金銭欲や虚栄心を煽るタイプです。こうした喧伝に「夢見る乙女」というよりも、幻想、妄想に捉われ、自らの姿が見えない相当数の女性が、高い入会料を支払いますが、相談所側は、まともに面倒を見ないようです。

 そうした相談所は、そもそも入会者のお世話を焼き、面倒を見る理念、哲学どころか、まともな実力を有するアドバイザー、カウンセラーも存在しません。医師を名乗った男性側の「人寄せパンダ」が、大活躍というところでしょうか。

 そうした相談所では、若い女性を求める男性からも、外国人女性ではどうかなどとして、大金を巻き上げることが、常套手段というところでしょうか。 

(2)条件、折衝能力重視型

 次に多いのが、結婚の条件として、基本的には「男は稼ぎ、女は年齢」を重視して、その他の条件も加味しつつ、婚活市場での需要と供給を一致させようとする、ある種の市場経済型のタイプです。

 このタイプには、程度の差はあれ、男性側、女性側夫々、見た目を整えさせ、狙ったお相手と成婚する技術的ノウ・ハウを伝授します。結婚の前提条件は、男性、女性側ともクリアはしていますが、お互いがご機嫌取りでしか成婚できない人であると、信頼関係の構築に失敗しているため、結婚生活の行方が思い遣られます。

 また、このタイプの相談所は、成婚者からは成婚料をせしめれば良いので、退会後は、婚約不履行などの問題が発生しても、知ったことではありません。 

(3)人格、能力開発重視型

 真に実力、人生経験を有するアドバイザー、カアウンセラーが存在するタイプです。結婚相談所の中には、そうした優れ者も確実に存在しています。

 当相談所「リベラルアーツ」も、このタイプを自認していますが、人格力を向上させてこそ、結婚後の幸せがあるとしています。リベラルアーツは、人格力(人間性と人柄)の如何がお相手選びの絶対的条件であるとし、次が個性(才覚と能力)です。

 年齢、容姿と体格、学歴と職業、収入と資産などは、相対的条件でしかないとしています。人格力を高め、最終的には、人に対する働き掛ける能力と、自らの人生の未来を切り拓く能力の開発が大切であることを訴えています。

 因みに、リベラルアーツは、「横浜婚活・結婚相談所センター」の関内支部ですが、代表の伊櫻は、同センターが推進する「結婚相談所の大学」構想の一翼を担っています。

お相手選びの難局と人格力

結婚相手選びでの難局

 ある相談所のアドバイザーは、理想と現実のギャップを受け入れない場合、結婚はできないなどと、上から目線で教えを垂れています。そこでの理想とは、学歴や収入などの条件面ばかりで、婚活している人の人間的価値とは、そもそも関係がありません。

 また、学歴や肩書信仰に囚われ、現在の収入ばかりを全面に出した「セレブ婚」とかのキャッチ・コピーに騙されてもいけません。東大法学部の卒業生や、医師及び弁護士と結婚出来れば、幸せになれるのでしょうか。

 結婚のお相手選びの絶対的条件は、人間性と人柄、そして生き方や人生観です。お相手の学歴や肩書は、ないよりあった方が良いことは確かですが、あなたを幸せにするとは限りません。

 人を差別化、商品化して、虚栄心を煽るのが、婚活ビジネスの悪癖です。いわゆる玉の輿に乗る人は、さして若くもなく、美人でもないという話もありますが、そうした虚栄の世界とは、初めから無縁なのではないでしょうか。

人格力と人生の軌道

 人生の一大事である婚活では、その人の生き方が、否応なく出てしまいます。自己を確立せず、また、自らの人生の軌道を敷設しようともしない人が、婚活だけを切り離して、うまく行かせようとしても、そこには大きな無理があります。

 そうした方が婚活に励んで成婚しても、人格力という視点からは、似た者同士ですので、やがて離婚の危機が待っています。例えば、恋愛で結婚した人の4割が、離婚する現実は、それを裏付けてもいます。

 生き方の問題で、最も大切なことは、職場や社会で役に立というという、志と使命感があるかどうかでしょう。人格力を磨くには、苦難を乗り越え、多くの人に励ましのメッセージを送った、ガンジーを代表とする世界や、歴史的偉人の精神世界に触れることです。人の日常生活は、多くの場合は予想外に狭く、常日頃の人間関係だけでは、人格力は向上しません。

 また、日常生活では、先ずは仕事で、自分を実践的に鍛える方策を、知恵を絞って編み出すことが必要です。人格力の向上は、単なる観念論であってはいけません。自らの人生の軌道を具体的に描き、確かな目標を具体的に設定し、地道な努力を怠らないことが大切と思われます。

 人生の軌道を打ち立てるには、未来の構想、資金計画、そして自分を含む人材育成が、3種の神器でしょうか。自らの人生で確かな軌道を確立すれば、その軌道の上で必ずや、素敵なお相手との出会いが待っています。

 本当の自分を発見する手がかり、突破口は、仕事と職場での振舞です。職場や社会を支えている人は、5人にひとりと言われています。リベラルアーツが運営する「婚活サロン」は、単に成婚者を出せば良いという考えではなく、成婚者が職場、社会で活躍する人材群の仲間入りしてもらうことを、その使命、役割としています。

結婚相談所選びの基準

結婚相談所の使命

 独身者の55%が、結婚してない理由について、結婚したいと思える人との出会いがないとしています。昔のような地縁、血縁社会が崩壊した現代では、結婚適齢期の男女に周囲がお見合いのお世話をすることも、あまりなくなりました。

 結婚相談所でお見合いの機会を提供してもらうことは、時代の要請でさえあります。社会が高度に分業化し、人の日常での生活空間は予想外に狭く、結婚相手を自力で探すことは、難しくなっています。

 加えて、誰かの後押しがないと、多くの人は仮に出会いがあったとしても、なかなか結婚に踏み切ることができないようです。婚活パーティーなどでの出会いは、恋愛を求める人が多いなどの事情からか、また、結婚への後押しがないためか、成婚率は3ー5%しかありません。従って、結婚相談所の役割、使命は、益々大きくなっています。

結婚相談所選びの基準

 しかしながら、全ての結婚相談所が頼りになる訳ではありません。ビジネス最優先で、人の人生を預かる責任感、更には、社会で果たすべき使命感に欠ける相談所も多いことは、先に指摘したとおりです。結婚相談所を選びでは、以下の基準で探すことをお勧めします。

  • 1

    確固とした理念、哲学を有すること


     結婚相談所は、人の人生を左右する事業であるにも拘わらず、理念と哲学に欠けるところは、成婚料稼ぎの御都合主義で成婚させます。
     
    婚活がうまくいかない場合、その人が抱えている問題の本質、個々の問題の奥に潜む根っこの部分を見誤れば、解決が出来ません。
     また、結婚しても、お互いの信頼関係、共感できる人生観、協力し合える生活設計がなければ、苦難に直面した場合、すぐに離婚の危機が訪れます。結婚という人生の大事業には、確かな指針を送れる理念と哲学が不可欠です。

     
  • 2

    信頼できるアドバイザーが存在すること


     相談所のアドバイザーは、豊富人生経験と高い問題解決能力が、その資質として不可欠です。婚活は、男性、女性とも、人として真に自立するプロセスだからです。
     また、人には、夫々、個性というものがありますし、持って生まれた才覚、能力も様々です。婚活アドバイザーは、人生の幸せとは何かについて、改めて考えて頂けるよう、助言する責任があります。
     結婚相談所での婚活ではお見合い、交際、そして成婚という各ステージで、
    アドバイザーが必要なアドバイスを送りますが、お相手が所属する相談所との折衝能力も大切です。
     
  • 3

    料金体系が安心の成功報酬型であること


     入会金が一般的に10万円以上の場合、或いは、婚活のコース別と称して、入会金を10円以上として設定している場合、アドバイスを求めても対応が、おざなりという相談所が存在します。入会金の高い相談所は、入会した会員が成婚しなくとも、コストは回収できているとの考えからでしょう。
     そうした相談所のアドバイザーは、理念や哲学どころか、そもそも、悩みを抱えた会員を成婚させる実力、資質に欠ける疑いもあります。

婚活セミナー&模擬お見合い、セミナー&ランチ、必勝講座を開催します

知性を磨いて、未来を切り拓きましょう

小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ

(島崎藤村)

 あなたは、自分は未だ若いし、婚活を始めるのは時期尚早、或いは、仕事だけでも大変であるため、婚活どころではないと思っていませんか。

 結婚はそのうち、何とかなるはずと考えているのであれば、大きな錯覚です。婚活でも受験や就職と同様、それ相当の準備、「助走期間」が必要です。就活での苦労を想い起こしてください。人生の伴侶を見つけることは、就活以上の大事業かも知れません。

 婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

勝利の方程式と模擬お見合い

 リベラルアーツの「婚活必勝講座」、そして「婚活セミナー&模擬お見合い」では、究極の人間学に基づき、昨今の恋愛、結婚、離婚など事情を踏まえ、参加者の誰もが素敵な人と成婚できるよう、婚活と人生における勝利の方程式を伝授します。

 講座やセミナーでは、お見合いに関心のある方には、参加者同士のマッチィングを行って「模擬お見合い」も実施します。また、講座、セミナーの終了後、希望者がおられる場合は、恋愛と婚活、そして人生相談にも無料で応じます。

リベラルアーツは、本当の自分と素敵なお相手探しのお手伝いをします

お見合いで、素敵な人と出合いましょう

天にあっては比翼の鳥となり、地にあっては

連理の枝とならん (白楽天)

 あなたは、運命の人に出会って、素敵な恋をして、そして結婚したいと想ってはいませんか。

 恋愛結婚とお見合い結婚は、最初の出会いの機会が異なるだけで、結婚に至る過程には、本質的な差異はありません。

 世の中には、素敵な男性、女性は数多くおられますし、素敵な方は、恋愛でも、お見合いでも素敵な方と出会い、そして成婚します。

 人生の伴侶探しでは、人間性と人柄、言わば人格力と、その人の生き方が問われるからです。

 婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

お見合い結婚の勧め

 お見合い結婚と恋愛結婚の違いは、出会いの機会が異なるだけです。恋愛結婚の場合は、多かれ少なかれ日常の生活空間での出会いがスタート地点ですが、相談所のお見合いでは、自分とお見合いの候補者が、ネットに登録されており、出会いの確保から成婚までのプロセスが、システム化されています。リベラルアーツは、少人数制の婚活サロン方式で、婚活支援を行います。

独自の手厚いサービス

 お見合い結婚では、お見合いから、交際を経て成婚するまで、プロセスごとの成否が明確に問われます。リベラルアーツでは、婚活の場での個別のアドバイスに加えて、本年9月からは土曜日、若しくは日曜日に婚活必勝講座も開催しています。講座の内容は、本ホームペー上で「生き方」、「人間力診断」そして「婚活の心得」の各シリーズや、ブログ「横浜関内結婚相談所(リベラルアーツ)の婚活サロン」で開示しています。

婚活必勝講座のご案内

リベラルアーツの「婚活の理念と哲学」については、婚活・人生相談(人間哲学)のチャプターで、確かな理論的根拠、実践論的視点から、多くの方の参考までに紹介しています。

リベラルアーツは、確かな理念、哲学と大きな安心で、婚活を支えます

人生では自分との闘いに勝利しましょう

月日は百代の過客にして 行きかふ年も

また旅人なり (松尾芭蕉)

 人生90年時代を迎えましたが、あなたは人生の最終章では、何をしている方でしょうか。

 婚活する方は、自分の人生のシナリオを描いてみましょう。人は自分の「人生の実業家」です。事業を成功させるためには、自らの人生観を確立し、人間性と才覚を磨くべきでしょう。

 人生で素敵な配偶者を得るには、素敵な生き方が求められます。配偶者探しでは、否応なく、その人の生きる姿勢が出てしまいます。

 婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

他の追随を許さない独自性

豊富な人生経験と高い問題解決能力

大学では、ロシア文学を学び、外務省で37年間、勤務。その間、多くの人の生き様を見て来ました。私生活でも、親の病気や介護、子供達の教育問題も乗り越えており、人生で直面する問題にも適切なアドバイスを送れます。 

誰もが安心できる理念と料金体系

リベラルアーツは、誰もが婚活できるような料金体系です。質の高い良縁ネット・データ・ベースでお相手探しを行いますが、当相談所は入会金、登録料、月会費、更には成婚料も安く抑えています。

各人の個性と状況に応じた柔軟対応

婚活希望者に対する事前の出張面談、婚活中の交際相手に関する相談など、必要に応じて仕事や人間関係など日常生活で直面している問題にも対応します。また、成婚後も、人生設計など相談に応じます。

出張コンサルティング

 そろそろ結婚したいとは思いつつも、仕事が忙し過ぎて、どうしたら良いか分からない方、また、仕事、恋愛、そして結婚で失敗してしまい、立ち直る気力が涌かない方も、おられるのではないでしょうか。

 自らの未来を切り拓くためには、人生のシナリオを描いてみては、如何でしょうか。結婚するお相手探しは、就職や転職よりも大変かも知れません。人夫々に、それ相当の準備と「助走期間」が、必要なことも確かでしょう。

 仕事で忙しい方向けの出張サービスとして、JR東海道線各駅近郊でのコンサルティングを開始致します。夜11時頃までに1時間半の時間を確保できる方は、ご遠慮なくお申込みください。サ-ビス料は、往復の交通費とお茶代込みで、3,000円とさせて頂きます。なお、出張サービス先について、ご要望のある方は、その旨ご相談願ください。

知性と教養を磨く「婚活助走コース」

本年末までの期間限定でリベラルアーツが、推奨する「婚活助走コース」

 初めて婚活する方や、1年以内の短期間で成婚したい方は、本格的活動に向けた心構えを持ち、また、無理のない婚活計画を立てる「助走期間」期間が必要です。

 参加者は入会の如何を問わず、事務所で開催する1回60分で全5回シリーズの婚活必勝講座を受講します。開催日時は各自の都合に合わせますが、3か月以内の受講が前提です。コースの内容は、1.婚活の心得(昨今の結婚と離婚事情を踏まえたオリエンテーション)、2.お見合い相手と結婚相手を選ぶ基準、3.婚活力診断(生き方改革の勧め)、4.成婚力診断(プロフィールの作成要領)、5.お見合いと交際、結婚の心得を基本とします。特に受講講座のテーマについて、ご希望があれば、変更することも可能です。

少人数制の「婚活実践コース」

 リベラルアーツは、良縁ネットに加盟しています。入会された方のお見合い相手探しでは、良縁ネットの提携先を含めて、全国規模で登録されている38,000人のネット会員に、スマホからでもアクセスが可能です。お見合いのお申し込みは、1か月間に50人まで、気になるお相手に対して自分で行うことができます。

 アドバイザーは、リベラルアーツに入会した方が、お見合いから交際を経て、成婚に至るまで、定員5名までとする少人数制で、各ステージで適切かつ親身なアドバイスを送ります。結婚のお相手を探す誰もが、「素敵な人」と成婚できるよう、事前にガイダンスも提供しますが、必要に応じて「婚活助走コース」を受講して頂きます。

「婚活ガイダンス・シリーズ」のご案内

婚活での錯覚や、幻想を打破しましょう

諸を己に反み求めよ(孟子)

 あなたは、結婚はしたいものの、結婚相談所での婚活を躊躇していませんか。

 恋愛結婚できないことが恥ずかしいのでしょうか、それとも、お見合いと交際をして、結婚する自信がないのでしょうか。

 恋愛結婚とお見合い結婚とでは、最初の出会いの機会が異なるだけで、本質的な差異はありません。「素敵な人」は、お見合いでも、素敵なお相手と成婚します。

 また、自分に自信のない方は、ピンチこそチャンスです。現状打破の突破口を拓きましょう。

 結婚相談所での婚活を躊躇している方は、婚活・人生相談(事例紹介)も、お読み頂ければ、幸いです。婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

婚活や人生でお悩みがあれば、何時でも、何でもご相談ください

臆病の心を打ち破り、塵、芥にまみれた現実の世界で勝利しましょう

勝ち負けは人の世の常なれど 最後の勝利を仏にぞ祈らむ(戸田城聖)

鳳の空をぞ翔ける姿して 千代の命に暮らしてぞあれ(同上)

 人生は、「四苦八苦」などとも言われますが、どういう意味でしょうか。

 四苦とは生老病死です。残りの四苦は、求めるものが得られないこと、栄枯盛衰を免れないこと、愛する人と別れること、そして憎んでいる人と会わざるを得ないことです。

 最初の四苦では、病気とは無縁である人もいると思われませんか。しかし、人は誰でも程度の差はあれ、罹患している病があります。それは、臆する病、「臆病」という病気です。

 人生は、自らの臆病との闘いではないでしょうか。臆病は、怠惰・懈怠と表裏一体です。臆病を打ち破り、婚活と人生で勝利の道を拓きたい方、ご相談をお待ちしています。

お電話でのお問合せはこちら

045-651-0523
営業時間
毎日13時から20時 メール連絡は、24時間対応