横浜関内婚活・結婚相談所
「リベラルアーツ」へようこそ

決断を先送りせずに、婚活と人生のシナリオを描いてみましょう

30代の男性の方へ

人は夫々の人生で、かけがえのない社会的使命と役割を持っています

人格と個性を磨き、社会で活躍しましょう

荒海や佐渡に横たふ天の川(松尾芭蕉)

五月雨を集めて早し最上川(同上)

 リベラルアーツ代表の伊櫻が、婚活・結婚相談所を開設したのは、若い方々が結婚をして家族を持つと同時に、職場や社会で更に活躍することを願うからです。結婚相談所の役割は、結婚したい方々に透徹したアドバイスを送り、成婚の後押しをすることです。

 人生を素敵に生きる秘訣は、自らが社会で果たす使命を自覚して、人格(人間性と人柄)と個性(才覚と能力)を磨き、自らが素敵な人になることです。素敵な人は、必ず素敵な人と成婚し、職場や社会で活躍します。

 そうした想いから、「横浜婚活・結婚相談所センター」の婚活アドバイザーとして、同センターの関内支部を立ち上げました。リベラルアーツは、少人数制の「婚活実践コース」を主宰し、成婚者を世に送り出すとともに、婚活必勝講座やセミナーを開催し、婚活する方には素敵な出会いの機会を提供する所存です。

リベラルアーツは、透徹したアドバイスと手厚いサービスが信条です

 婚活では自らの生き方が問われます。結婚相手を選ぶ場合の基準、考え方の順序としては、先ず人間性・人柄、次に能力・才覚、そして最後が収入・資産です。長い人生では、お互いの生き方に共感でき、仕事、家族、健康問題など様々な困難を乗り越えながら、何らかの意味で社会に貢献していくことが大切です。人生を共にすべき信頼できる相手を探しましょう。リベラルアーツは、各自が冷静に自己分析をする勇気を持ち、婚活と人生に勝利する端緒を拓けるようにします。

人生の目標を明確にして、婚活しましょう

 光陰矢の如し 少年老い易く 学成り難し  (漢詩からの諺) 

 自分は未だ若いからとして、人生の目標、ゴールを明確に出来ない方は、「ジャネーの法則」に照らすと、何もできないままに人生を終えます。

 何故、婚活、お見合いをしてまで、結婚する必要があるのかなどと、現在の生活を維持することとの利害得失を考え、人生で自分の家族を持たないことについて、孤独な哲学に耽ってはいけません。

 家族を持たないことは、多かれ少なかれ、生き甲斐を失います。人の幸せは、譬え高尚な使命感で生きているとしても、職場、家庭での具体的な人間関係の中にしかありません。

 婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

リベラルアーツ独自の人間力診断

 リベラルアーツの人間力診断は、「人間性とは何か」を解析する、最高峰の人間哲学に立脚しています。あなたの人間性(人格力)を婚活力、結婚力、そして成婚力の視点から高精度で診断できます。

 婚活力は、あなたの人格の高さ、素敵度指標です。結婚力は結婚後の幸せ指標、また、成婚力は、素敵な人と成婚する交渉力です。あなたの人間力を診断、解析して、婚活と人生を切り拓きましょう。

人生での時間の流れと才覚磨き

加速する人生の体感時間

 人は、生まれた瞬間から否応なく、また、それを意識しなくとも、自らの、そして家族や、友人、知人の生老病死と向き合っています。

 過ぎ去った日々は、後戻り出来ませんし、誰しも死を迎える日が待っています。若い方は、遠い先のことのように思えるかも知れませんが、それは、大きな錯覚、或いは幻想というものです。

 1日の体感時間に関する、フランスの哲学者が発見した「ジャネーの法則」によれば、人は年をとる程、実生活で感じる1日の時間は、確実に短くなるそうです。

 これは時間の流れが加速化することを意味しており、50歳の人にとっての1年の長さは、1歳の人の50分の1であるとしています。また、20歳の人は80歳まで生きるとしても、体感時間で測ったとすれば20歳の時点で、既に人生の半分を終えています。

 従って、ここで申し上げたいことは、人生の岐路を迎えた時、決断を先送りしてはいけないということです。進学、就職、そして配偶者探しでは、誰もがその人生で何をしたいのか、或いは、それが明確であるのかどうかが、改めて問われます。

 自分は未だ若いからとして、人生の目標、ゴールを明確に出来ない方は、ジャネーの法則に照らすと、何もできないままに人生を終えます。

仕事のできる人は、「人生の実業家」

 婚活する女性は誰もが、人間的に魅力のある男性と結婚したいと、考えるのではないでしょうか。人間的魅力のある男性とは、仕事のできる男性を意味します。仕事ができる男性は、企業人事の経験則からは、その職業の如何に拘わらず、5人に1人しかいません。

 職場に10人いるとすれば、いて欲しい人、どうでもよい人、いない方が良い人が、2-6-2の割合で分かれるという話です。どうでもよい人とは、代わりはいくらでもいるという人で、程度の差はあるとは言え、仕事の目的、戦略、段取りを考えない、指示された事だけをする、言わばマニュアル人間です。

口の悪い企業コンサルは、人財、人在、人罪などと、色分けしています。あなたは、5人に1人の実業家でしょうか、それとも未だ、才覚、能力磨きの途中でしょうか。人在、若しくは、人罪かも知れないとの懸念があるとしたら、これからの生き方を考える必要があります。

 職場では、上司の立場から世界を見渡してみましょう。例えば、未来を志向する事業の構想、人間関係、資金繰りなどについて、想いを巡らせては如何でしょうか。職場で第一人者となることが、あなたの人生の未来を拓きます。

結婚相手探しとお見合いの勧め

結婚したいお相手探し

 30代の男性は、人生90年時代の最終章で、自分は何を生き甲斐とするのか、人生のシナリオを描いてみましょう。第2の人生という言い方もありますが、人生にそんな仕分けはないはずです。人生の最終章こそが、人生劇場の本番だからです。

 婚活では何人かの女性と恋愛をすれば、お互いに気に入って、やがて結婚するお相手が現れるとお考えであれば、それは錯覚でしかありません。シンデレラ物語も通常はあり得ない話だからこそ、女性の夢物語として喜ばれるのが、お約束というものです。

 結論から申し上げますと、世の中には、素敵な男性、女性は数多くおられますし、素敵な方は、恋愛でも、お見合いでも素敵な方と出会い、素敵な方と成婚します。人生の伴侶探しでは、人間性と人柄、言わば人格力、その人の生き方が問われるからです。

 自分にとって「都合のいい人」探しをしている人は、同じような人としか出会えませんし、お付き合いができません。似た者同士でお互いの、お気に入りのセンサーが働き、恋愛物語のシナリオ、展開では、欲望と感情に流され、理性と良心とは無縁であるため、未来は切り開けません。

 恋愛による結婚への過程は、出会いの機会が異なるだけで、実はお見合い結婚と同じです。素敵な人は、恋愛でも見合いでも、成婚するお相手に対する想いは、理性と感情が一致します。

お見合い結婚の勧め

 現在、結婚したいお相手がいなければ、婚活を始めては如何でしょうか。男女が一緒に家族を築くのは、人類史上も自然の摂理です。

 何故、婚活、お見合いをしてまで、結婚する必要があるのかなどと、現在の生活を維持することとの利害得失を考え、人生で自分の家族を持たないことについて、孤独な哲学に耽ってはいけません。

 あなたが男性であれ、女性であれ、結婚して「お相手を幸せにしてみせる」との気概が欲しいものです。自分さえ良ければ、或いは自分のことだけで大変という姿勢、発想では、つまらない人生しか送れません。

 家族を持たないことは、多かれ少なかれ、生き甲斐を失います。人の幸せは、譬え高尚な使命感で生きているとしても、学校や職場での出会いをはじめとして、家庭や社会で築いている具体的な人間関係の中にしかありません。

 恋愛、そしてお見合いによる出会でも、男性、或いは女性のいずれかの側から、積極的な働きかけがなければ、結婚することにはなりません。

 結婚相談所でのお見合いの優れた点は、次の3点でしょう。

  1. お相手も結婚したいとの意思が確認されており、身元も分かっているので安心。
  2. 毎日の生活空間では、出会うことがないお相手とお見合い、交際ができる。
  3. お見合い相手は、初対面の異性であるため、いやでも対話力、交渉力が上がる。 

夫婦は親友であり、かつ生涯の同志

結婚の幸せは、夫婦の対話

 結婚の幸せの実体は何処にあり、どうしら実感できるのでしょうか。結婚の幸せの第一歩は、何をもって夫婦の幸せとするのか、良く話し合うことから始まるのではないでしょうか。

 子育ては、未来の社会、世界に新たな人材を輩出する大事業です。子供は夜泣きから始まり、親への反抗、非行、不登校や引きこもり、何でもありです。また、子供が病気や障害をもって生まれた場合は、親の心労は大変なものです。

 また、仕事は、社会へ貢献する手段であり、給与と収入は、本来は社会貢献に対する報酬です。どんな仕事でも、仕事として存在する限り、社会で必要性が認められており、職種による尊貴などもありません。

 夫婦で子育てと仕事で、志を立てましょう。そして何でも話し合える親友であり、生涯の同志であることを誓いましょう。それが、結婚の幸せの出発点です。

幸せは、苦難と表裏一体

 ロシアの文豪、トルストイは,幸せな家庭は皆一様に幸せであるが、不幸な家庭は夫々に不幸であるとしています。不幸の原因は、夫々の家庭ごとにいろいろですが、病気、失業、借金、子供の教育、住宅ローンの返済、そして家族間の不仲など、数え上げれば、切りがないでしょう。

 どの家庭でも、何も苦難が襲って来ないなどということは、あり得ません。苦難がないことが結婚の幸せではなく、夫婦でそれを乗り越えることが、本当の幸せです。人の幸せは、苦難と表裏一体とも言えます。

 苦難を乗り越えるには、正面から立ち向かわねばなりません。苦難を避け、或いは、解決の先送りをすれば、夫婦間の信頼関係を壊します。

 夫婦間での隠しごとや裏切りは、離婚の引き金となります。一度、信頼関係を損なうと回復するには、大変な労力が求められます。

配偶者選びの基準は人間性、次に才覚

家庭を築く基礎体力が大切

 配偶者選びの絶対の基準は、人間性と人柄ですが、女性は、家事、育児を担う基礎体力が大切です。核家族化が進行した今の社会では、子育てのストレスは尋常ではない場合も多いようです。

 夫婦が離婚する場合、子供が2歳になるまでの間が一番、多いそうです。これは、男性の側にも相当の責任がありそうですが、女性が家族に愛情を注ぐ、基礎体力がない場合、男性の側が支えるとしても限界があります。

 基礎体力を有する女性はあ、親、家族から自然に愛情を注がれた人です。面白くもないと思われるかもしれませんが、お見合い、交際で気に入ったお相手が、基礎体力を持っていないとの懸念がある場合は、男性の側に相当の覚悟と努力が求められます。

配偶者の才覚と能力の問題

 配偶者選びの次の基準は、才覚と能力でしょうか。結婚生活では、結婚したその日から仕事と家庭の両立が求められます。結婚生活では、いつの時代でも、また欧米に限らず、夫婦共稼ぎが原則です。高度成長時代、子どもの習い事や進学競争に狂奔する、専業主婦という職業は、もはや存在しません。

 従って、女性の側も、仕事での才覚、能力も、それなりに必要でしょう。しかし、若い女性であれば、結婚する時点での才覚と能力は、二次的問題かも知れません。人の潜在的能力は、男女関係なく、生き方、努力次第で大きく開花することは間違いありません。

 結婚するお相手である女性の稼ぎは、男性の6割もあれば、充分でしょう。子供が自立してからは、何らかの資格を取得して再就職するか、個人事業を起こすのも、面白いかも知れません。

婚活では、折衝、交渉能力が大切

人格力での3つの世界

 婚活では、折衝、交渉能力が問われます。働き掛け、訴える中身の話は、人夫々の人格力次第です。そんな話は、面白くないなどと言ってはいけません。

 生き方と人生観は、その人の人間性と人柄、人格力と密接、不可分です。あなたは毎日の生活を、「欲望と感情」、「理性と良心」、そして「知性と使命感」のいずれの世界で、お過ごしでしょうか。

 最初の感情と欲望の世界で、交際しているお相手の女性が生きているとしたら、その女性がいくら美人でスタイルが良くても、学歴と肩書や、収入と資産にしか関心がなく、条件面での欲望に支配された人です。外面は美女、人柄は野獣であり、人生劇場では「美女と野獣」をひとりで、ふた役を演じています。

 次の理性と良心の世界に住んでいる人は、ものごとの判断、自分や人の行動について、善悪と正邪、是非弁別で理解する賢い人です。伴侶とすべき最高の女性は、仕事の展開や人間関係の構築で、何らかの意味で、知性と使命感を持って生きている人です。

 多くの人の日常生活では人夫々が、3つの世界を出入りしているのではないでしょうか。あなたは、どの世界での滞在時間が、最も長いのでしょうか。

欲、夢から志に昇華

 人夫々の人生には、夢があるはずです。人生を共にする配偶者を得て、家族を持ちたいと考えることは、極めて自然なことです。

 自分が望む世界が、単なる欲望の充足なのか、夢を実現した先にあるのか、更には、志を立てて社会に貢献するのか、大きな違いがあります。

 男性でも、そして女性でも、知性と使命感を持つ人は、人生で自らの仕事と家庭の未来について、それが完璧ではないにしろ、何らかの意味で具体的構想、つまりは志を立てています。

 自分が望む世界とは、どういう世界なのか、それは何を以て自らの人生の幸せとするのかという問い掛けと同義ですが、これから生きようとする世界次第で、成婚すべき相手は変わるかも知れません。

 人生の幸せは多くの場合、日常の人間関係で感じ取ることが、多いのでなないでしょうか。人は自らの才覚、能力を人のために役立てた時に、最も大きな幸せを感じます。 

婚活セミナー&模擬お見合い、セミナー&ランチ、必勝講座を開催します

知性を磨いて、未来を切り拓きましょう

小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ

(島崎藤村)

 あなたは、自分は未だ若いし、婚活を始めるのは時期尚早、或いは、仕事だけでも大変であるため、婚活どころではないと思っていませんか。

 結婚はそのうち、何とかなるはずと考えているのであれば、大きな錯覚です。婚活でも受験や就職と同様、それ相当の準備、「助走期間」が必要です。就活での苦労を想い起こしてください。人生の伴侶を見つけることは、就活以上の大事業かも知れません。

 婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

勝利の方程式と模擬お見合い

 リベラルアーツの「婚活必勝講座」、そして「婚活セミナー&模擬お見合い」では、究極の人間学に基づき、昨今の恋愛、結婚、離婚など事情を踏まえ、参加者の誰もが素敵な人と成婚できるよう、婚活と人生における勝利の方程式を伝授します。

 講座やセミナーでは、お見合いに関心のある方には、参加者同士のマッチィングを行って「模擬お見合い」も実施します。また、講座、セミナーの終了後、希望者がおられる場合は、恋愛と婚活、そして人生相談にも無料で応じます。

リベラルアーツは本当の自分と素敵なお相手探しのお手伝いをします

お見合いで、素敵な人と出合いましょう

天にあっては比翼の鳥となり、地にあっては

連理の枝とならん (白楽天)

 あなたは、運命の人に出会って、素敵な恋をして、そして結婚したいと想ってはいませんか。

 恋愛結婚とお見合い結婚は、最初の出会いの機会が異なるだけで、結婚に至る過程には、本質的な差異はありません。

 世の中には、素敵な男性、女性は数多くおられますし、素敵な方は、恋愛でも、お見合いでも素敵な方と出会い、そして成婚します。

 人生の伴侶探しでは、人間性と人柄、言わば人格力と、その人の生き方が問われるからです。

 婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

お見合い結婚の勧め

 お見合い結婚と恋愛結婚の違いは、出会いの機会が異なるだけです。恋愛結婚の場合は、多かれ少なかれ日常の生活空間での出会いがスタート地点ですが、相談所のお見合いでは、自分とお見合いの候補者が、ネットに登録されており、出会いの確保から成婚までのプロセスが、システム化されています。リベラルアーツは、少人数制の婚活サロン方式で、婚活支援を行います。

 

独自の手厚いサービス

 お見合い結婚では、お見合いから、交際を経て成婚するまで、プロセスごとの成否が明確に問われます。リベラルアーツでは、婚活の場での個別のアドバイスに加えて、本年9月からは土曜日、若しくは日曜日に婚活必勝講座も開催しています。講座の内容は、本ホームペー上で「生き方」、「人間力診断」そして「婚活の心得」の各シリーズや、ブログ「横浜関内結婚相談所(リベラルアーツ)の婚活サロン」で開示しています。

婚活必勝講座のご案内

リベラルアーツの「婚活の理念と哲学」については、婚活・人生相談(人間哲学)のチャプターで、確かな理論的根拠、実践論的視点から、多くの方の参考までに紹介しています。

リベラルアーツは、確かな理念、哲学と大きな安心で婚活を支えます

人生では自分との闘いに勝利しましょう

月日は百代の過客にして 行きかふ年も

また旅人なり (松尾芭蕉)

 人生90年時代を迎えましたが、あなたは人生の最終章では、何をしている方でしょうか。

 婚活する方は、自分の人生のシナリオを描いてみましょう。人は自分の「人生の実業家」です。事業を成功させるためには、自らの人生観を確立し、人間性と才覚を磨くべきでしょう。

 人生で素敵な配偶者を得るには、素敵な生き方が求められます。配偶者探しでは、否応なく、その人の生きる姿勢が出てしまいます。

 婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

豊富な人生経験と高い問題解決能力

大学では、ロシア文学を学び、外務省で37年間、勤務。その間、多くの人の生き様を見て来ました。私生活でも、親の病気や介護、子供達の教育問題も乗り越えており、人生で直面する問題にも適切なアドバイスを送れます。 

誰もが安心できる理念と料金体系

リベラルアーツは、誰もが婚活できるような料金体系です。質の高い良縁ネット・データ・ベースでお相手探しを行いますが、当相談所は入会金、登録料、月会費、更には成婚料も安く抑えています。

各人の個性と状況に応じた柔軟対応

婚活希望者に対する事前の出張面談、婚活中の交際相手に関する相談など、必要に応じて仕事や人間関係など日常生活で直面している問題にも対応します。また、成婚後も、人生設計など相談に応じます。

知性と教養を磨く「婚活助走コース」

本年末までの期間限定でリベラルアーツが、推奨する「婚活助走コース」

 初めて婚活する方や、1年以内の短期間で成婚したい方は、本格的活動に向けた心構えを持ち、また、無理のない婚活計画を立てる「助走期間」期間が必要です。

 参加者は入会の如何を問わず、事務所で開催する1回60分で全5回シリーズの婚活必勝講座を受講します。開催日時は各自の都合に合わせますが、3か月以内の受講が前提です。コースの内容は、1.婚活の心得(昨今の結婚と離婚事情を踏まえたオリエンテーション)、2.お見合い相手と結婚相手を選ぶ基準、3.婚活力診断(生き方改革の勧め)、4.成婚力診断(プロフィールの作成要領)、5.お見合いと交際、結婚の心得を基本とします。特に受講講座のテーマについて、ご希望があれば、変更することも可能です。

「婚活ガイダンス・シリーズ」も皆様のお役に立てば幸いです

婚活での錯覚や、幻想を打破しましょう

諸を己に反み求めよ(孟子)

 あなたは、結婚はしたいものの、結婚相談所での婚活を躊躇していませんか。

 恋愛結婚できないことが恥ずかしいのでしょうか、それとも、お見合いと交際をして、結婚する自信がないのでしょうか。

 恋愛結婚とお見合い結婚とでは、最初の出会いの機会が異なるだけで、本質的な差異はありません。「素敵な人」は、お見合いでも、素敵なお相手と成婚します。

 また、自分に自信のない方は、ピンチこそチャンスです。現状打破の突破口を拓きましょう。

 結婚相談所での婚活を躊躇している方は、婚活・人生相談(事例紹介)も、お読み頂ければ、幸いです。婚活、そして人生でのお悩みがあれば、何時でも、また、何でもご相談くだい。 

婚活や人生でお悩みがあれば、何時でも、何でもご相談ください

臆病の心を打ち破り、塵、芥にまみれた現実の世界で勝利しましょう

勝ち負けは人の世の常なれど 最後の勝利を仏にぞ祈らむ(戸田城聖)

鳳の空をぞ翔ける姿して 千代の命に暮らしてぞあれ(同上)

 人生は、「四苦八苦」などとも言われますが、どういう意味でしょうか。

 四苦とは生老病死です。残りの四苦は、求めるものが得られないこと、栄枯盛衰を免れないこと、愛する人と別れること、そして憎んでいる人と会わざるを得ないことです。

 最初の四苦では、病気とは無縁である人もいると思われませんか。しかし、人は誰でも程度の差はあれ、罹患している病があります。それは、臆する病、「臆病」という病気です。

 人生は、自らの臆病との闘いではないでしょうか。臆病は、怠惰・懈怠と表裏一体です。臆病を打ち破り、婚活と人生で勝利の道を拓きたい方、ご相談をお待ちしています。

お電話でのお問合せはこちら

045-651-0523
営業時間
毎日13時から20時 メール連絡は、24時間対応